星の下の大海原とつむじ風

「野菜ジュース」について、どう思う?「劇団員」って、一般的にはどう考えられているんだろう。別に考察するってことも無いよ。
フレーム上

ノリノリで熱弁する家族と夕焼け

台湾人のビビアン・スーは、美しくて素晴らしい女性だと思う。
もう30代後半なんて、全然思えない。
過去に見ていたテレビで、今でも覚えているのが、ビビアンが、米国人からのインタビューに返答していた部分。
まだまだ勉強している所のようだったけれどとても努力が見られた。
今となっては英語も日本語だって、すっかりペラペラなんだろうなーと思う。
努力家であるビビアン・スーの素敵さは計り知れないくらいなのだ。

涼しい平日の日没にビールを
「夕飯はカレーよ。」
少年は母親が言った今のセリフを耳にして、思わずガッツポーズをとった。
少年は学校から帰宅して、麦茶を飲みながらダラダラとテレビを見ていた。
今日は西日が暑い。
窓辺では風鈴が思い出したように鳴っていた。
テレビでは、かつての懐かしいアニメを放映していた。
今日は「一休さん」だった。
こんな頭がいい男の子が今いたら、テストなんてちょちょいのちょいなんだろうな、と少年は感心していた。
だけど、キッチンからカレーの香りがにおって来たとき、少年はテレビのことは頭から吹っ飛んでいた。

前のめりで走るあの人と読みかけの本

甘いおやつがすごく好みで、洋菓子やようかんなどを自分でつくるけれど、子供が大人のものを欲しがる年になって作るおやつが気を付けなければならなくなった。
私たち夫婦がすごく喜んで口にしていたら、子供が自分も欲しがることは当たり前なので娘も食べてもいいケーキをつくる。
自分は、チョコ系が大変好きだったけれども、子供には砂糖とバターが多い物などは小さなうちは食べさせたくないのでつくれない。
ニンジンやバナナをいれた蒸しケーキが体にもいいので、砂糖とバターを少なくして入れて混ぜて焼く。
笑顔でうまいと言ってくれたら、ものすごくつくりがいがあるし、またつくろうと思う。
最近、ホームベーカリーも使用してつくったりする。
そうしたら、簡単だった。
いつもは、自分で一生懸命混ぜるけれど、ホームベーカリーは、混ぜてくれるし簡単だ。

どんよりした火曜の朝にシャワーを
ちょっと仕事で必要な太い竹をきちんともらえるようになって、良かったのだけれど、竹が面倒で積極的に持っていってほしがっている山の持ち主は、こちらの必要量より大きい竹を持っていかせようとしてくるので面倒だ。
あきれるほど多く運んで帰っても余ることになるのだが、大きな竹が邪魔で邪魔でしょうがないらしく、運んで帰ってくれと強く求められる。
こちらサイドも必要なものをもらっているので、断りづらい。

気分良く泳ぐあの人と僕

出社のために何枚かスーツに似合うワイシャツを持っているけれど、いつもチョイスするときにかなり試しに着てみる。
それ程、ワイシャツのかたちにこだわるのも変わってるかと思った。
しかしながら、仕事先で、シャツはオーダーメイドしてもらうと言っていた方がいたので、心外だった。
たしかに、Yシャツひとつでカッコよく見えるからかな、と感じた。

薄暗い休日の昼は昔を懐かしむ
昔から、業務やするべきことに追われていて、ほとんどフリーの時間がない。
隙間の空き時間があっても、常に次やるべき仕事の予定など、今後の詳細が頭にある。
そんな状況で、丸一日など休みができると、とても嬉しくなってしまう。
よ〜し、このオフをどうやって費やそうかと。
結局いつも、あれもしたい、これも、という願いのみが募り、全部は達成できない。
特に私は行動が遅いので、あっと言う間に夜まで経過。
時は金なり、という言葉はまさによくいったものだと感じる。

雲の無い月曜の朝は窓から

家の前の庭でハンモックに寝転がり、心地よい風に身を任せていた、休日の夕方の事。
頭上には飛行機雲が一筋走っていた。少年は、家の猫が「ニャギャァッ!」という大きな声に仰天して、ハンモックから下に落ちてしまった。
まじまじと観るとうちのネコはヘビに向かって、背中を丸めて興奮しながらも恫喝していた。
蛇はそれほど大きくは無く、毒も持っていないっぽかったので、少年は小枝を振って追い払い、猫を抱っこして再度ハンモックに寝転がった。
少年は、猫の頭をなでてやりながら胸の上で寝かせ、気持ち良さそうに前足をしまう猫を見て微笑んだ。

気どりながらお喋りするあなたと飛行機雲
とある気難しい内容の仕事が舞い込んできたとき「どうにかなる」と考えていた昔。
その時、自分を含むチームのみんなが、「終わってみたら意外に簡単だったりして」などとあっさりとらえていた。
すると指導専門の上司が口を切った言葉が記憶に残っている。
「成功に向かって十分に準備をしたからこそ、過ぎてしまえば無事だっただけの話。
よって、今のあなたたちのように楽観的に過ごしていて、運よく業務が大したことなかったという意味ではありません。
過ぎてしまえばなんてことないといった言葉の裏にあるのは、その逆です。
前からじゅうぶん勉強し準備を進めたからこそ力が有り余って、内容がスムーズに進んだと言っています。
がっつりやる気になれましたか?
なめていないで頑張りましょう。」
と言うセリフ。
この言葉があってから、私たちはそれに向けて全力をそそぎうまく収めきることができた。

笑顔で歌う弟と気の抜けたコーラ

某有名芸能人が引退みたいで、TVでふんだんに扱っていますが、とってもすごいですね。
また次の日本の総理大臣がどういった人に決定するかという内容よりニュースでは順番が前だったし。
どのような政治家が総理大臣になっても変わらないって考える人もとてもいるし、そんなことより有名芸能人が芸能界を突然引退表明!!というのが影響がでそうなんですかね。

一生懸命熱弁する君と枯れた森
アンパンマンは、子供に気に入られる番組なのに、しかしものすごく攻撃的だと見える。
話の最後は、アンパンチといってばいきんまんをぼこぼこにして解決することがとても多く思える。
幼児にもものすごく悪影響だと私は思ってしまう。
ばいきんまんとどきんちゃん達が、あまり悪いことをしていないときでもぼこぼこにして話を終わらせる。
アンパンマンは、ばいきんまんとどきんちゃん達を見つけたら、やめろと怒鳴りながらすぐに殴りかかっている。
わけを聞かずに問答無用だ。
説き伏せるわけでもない。
ただ、暴力で終わりにするから改善されず、いつも変わらない。
たぶん原作は攻撃的でないかもしれないけれど、テレビ受けの内容にする必要があってそんなふうになっているのだろう。

お役立ちサイト&関連サイトの紹介


一番安いお得引っ越し料金.com
引越業者さんごとの金額を比べながらチェック☆お得な引っ越し屋さんは?どの引越会社が1番安い?

フレーム下 class=


Copyright (C) 2015 星の下の大海原とつむじ風 All Rights Reserved.

ページの先頭へ